FC2ブログ
09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2004-08-23 (Mon)
90cdccf3.jpg

「ごめん」と「ありがとう」

私がよく使う言葉たち...







ぽちぃ?「謝るなら最初からしなければいい」
そう言われたことがあります。

でも、私はそうは思わないのです。
だって、「悪い」と思ってもしたいことがある。
「申し訳ない」と感じてもしなければならないことがある。

誰かを傷つけても、譲れない想いがあるから。



「悪いと思うけど私は謝らない」
そう言われたこともあります。

私には、それもよくわかりません。
だって、悪いと思うならば謝ればいい。
人の感情というのは一つではないはず。
「申し訳ない」という気持ちと
「どうしても譲れない」という気持ちは同時に発生しても不思議じゃない。
それを正直にそのまま言えばいい。
「ごめん」の後に「でも」が続いても仕方ない。
それは…とても正常なことだと私は思います。


昨日、とある人に「ごめんね」と言われました。
…謝られなければ、わがままの一つでも言えたのに…。
そんな風に謝られてしまったら「仕方ないよ」と返すしかない。

その件に関して、決して謝ることのなかった人が
私に「ごめんね」と言った。
私はいつもその話になると突きつけられる現実が恐くなって、
自分の心の防御壁を高くしていたのだと思います。
そして、わがままや厭味を言って相手を攻撃して自分を守ろうした。
でも初めて心に響く「ごめんね」を言われて……、
そのたった一言で、防御壁は見事に…溶け崩れた。

私は…決して「ごめんね」が欲しかったわけじゃない。
「謝るなら最初から?」と思ったこともあるけれど、
それでも譲れない想いがきっとそこにはあるのだろうと、
最近はそう思えるようになりました。

譲れない想いはいつまで私を翻弄させるのでしょうか。

それでも一つ確かなことは、
今一番伝えたい気持ちが「ありがとう」だ、ということ。
それだけは、確信を持って言えます。

自分を守るために高く築き上げた防御壁は、
そのたった一言で行き場を失い、見事に溶け崩れ
涙となり、瞳から溢れ、頬を伝って落ちていきました。

藍、21♀。
…まだまだ前途多難ですね(・・;)_
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。