FC2ブログ
01≪ 2005/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2005-02-23 (Wed)
senaka



泣いて暴れたい。

全てを人のせいにして...











『性典の癖疫@藍の癒しの哲学』を上に押し上げて!(><)私は泣き出すと止まらない。
子供のように泣きじゃくるし、
大声で喚きはじめる。
…しばらくすると落ち着いて、
いろんなことを考え始める。
そしてまた、徐々に泣き出す。

最初は瞳から涙が流れるだけ。
まだ思考の方が勝ってる。
だんだん、思考のループが小さくなって、
同じことばかりが頭を巡ってることに気づく。
そして、思考回路が切れる。

また泣き出す。
なにがなんだかわからなくなる。
相手に伝えたいことも、
自分の気持ちも、
過去も今もこれからも、
全てわからなくなる。
私が泣くのは私が脆いせい。
『ほんとに強いよね』?
それはそう自分を演出してるから。
見せたいように見られているらしく。
ぃゃぃゃ、ありがとうございます。

だから私が泣くのは私のせい。
脆さを隠そうとしているのも私の意志。

最近、全てを人のせいにしようとする
嫌な私が見え隠れしてる。
それを『嫌な自分』と思えること、
まだ全てを人のせいにできないこと。
それが、私に残された『弱さ』であり、
『強さ』なんだと思います。

10年後も、
まだそれが残っている自分でありたいです。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-21 (Mon)
megane

ぬひひっ...











「性典の癖疫@藍の癒しの哲学」を押し上げて、『エイッ!!(><)』メガネ、自分で踏み潰しました(>_<)
ワーイo(^ヮ^)oワーイ
皆様へのコメント返しへは、合宿後PCから♪
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-20 (Sun)
50220_1805~01_001.jpg



今日から合宿です。

帰宅して2日後に南米です。

強行スケジュールです。



はぁ( ̄▽ ̄)v
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-16 (Wed)
kusari



繋ぎとめて。

鎖で私を拘束して...









「性典の癖疫@藍の癒しの哲学」を『えいっ!!(><)』っと押し上げて!鎖特有の音がする。
身体に這う冷たい感触。
それだけで、私は意識を失いそうになる。

麻縄とはまた少し違う気持ち。
きつく締め付けられる麻縄に対して
少し緩めに止められる鎖。
でもその冷たさと重たさが拘束感を刺激する。

鎖を持つ相手の手が近づいてくる。
口では「イヤ」といいながらも、
手が自然と止められやすい位置に移動する。

囚われる

繋がれた、自由の利かなくなった私の身体。
後は相手の自由にされるだけ。
逃れたくても逃れられない。
…逃れたいの?ねぇ、私。
そうじゃくて、本当は…………?

そして私はいつの間にか違う自分になっている。
身体を繋がれただけでなく、
心までもを囚われて。
冷たい鎖でも身体が冷めない。
むしろどんどん熱くなる。
聞こえるのは相手の吐息と自分の声。
それに自分の音と…鎖の音。

どんどん意識が遠くなる。
そして……その瞬間を迎える…

熱くなりすぎた身体を
冷たい鎖が嘲笑ってるみたい。
恥ずかしさと快感が漂う中で、
私を支える鎖に全ての体重を任せる。
堕ちていく身体が「カチャン」という音と共に止まる。

だから、鎖が好き。
私を堕とすのに堕としきってくれない。
だから、私を鎖で拘束して。
繋ぎとめて。
身体も…心も……。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-15 (Tue)
osora



近日、

新生活に向けての

大掃除をしていて...











「性典の癖疫@藍の癒しの哲学」を上に『えいっ!!(><)』



懐かしいものを部屋から堀だしては、
作業の手が止まってしまう藍です^^;

そんな中、
今日はお出かけです♪
外に出てみてびっくり!
ずいぶん暖かいんですね?(^‐^)

この写真は家を出た時に写したもの。
横に走る線が飛行機雲で
縦のが太陽の光です。
撮った瞬間にお気に入りになりました☆
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-10 (Thu)
otete



山手線のドア際...





「性典の癖疫@藍の癒しの哲学」を押し上げて?!!(>_<)



この鉄棒の隙間に
手を入れていたら、
抜けないことに気付きました…(;_;)

腕時計がはまっている様子。
しかしならば
一体どうやって入ったのさっ!?(>_<)

えぇ?、下車予定駅まであと2駅。
これから全力で抜く作業に取り掛かります
(>_<ゞ

あまりに爆笑だったんで、
先に記事にしちゃいました…^^;
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-09 (Wed)
inori

それはいけないことなんでしょうか。

「憎い」といった感情も「怒り」もありません...









「性典の癖疫@藍の癒しの哲学」を上に『えいっ!!』っと(><)2002年?2003年にかけて、
8ヶ月ほどお付き合いしていた方がいました。

人生、2人目の彼氏。
今、振り返って考えてみれば
なんでその人と付き合おうと思ったのかも良くわかりません。
でも、今考えられる理由としては
たぶん、相手にとても不安定な部分を感じたから。
それが自分の持つ『陰』と重なり、
私はそこから目を逸らせなくなった。
そして……泥沼にはまっていきました。

最悪の別れ方をしたんだと思います。
最後は警察沙汰になりました。
世に言う「ストーカー行為」をされていたんだと思います。
今でも忘れられない相手が使っていた香水と煙草の匂い。
運の悪いことに両方とも人気の有る商品で…。
街中でもその組み合わせで使用している人に気づきます。
私は…2年近く経つ今も、まだ怖くて……。
街中でその匂いが微かに漂うたびに、
ものすごい勢いで冷や汗をかき、
必死で自分が知ってるあの姿がないか自分の周りを見回します。
自分の見える範囲を隅々まで見渡して、
相手の姿がないことを確認すると、
私はホッとしてる半面、どこか残念に感じている自分を見つけます。

私は、相手に逢えたとしたら何を言いたいのでしょうか

私が相手を恐怖に感じるのは、
別れる前1月ほど続いたストーキングのせいではなく、
その前に行われていたことに原因があります。
相手が振り向いた瞬間に腹部に走る激痛と、
頬に感じた鋭く熱い刺激。
今でもその時のことは忘れられません。
その日のその行為を封切りに、
その後別れるまで何度か続いたことです。

自分自身の毎日を
遠くから見ている自分がいました。
まるで安い昼ドラを見ている気分でした。
「もうしない、っていうから…」
視聴者に「それはあり得ないから早く別れろ!」と突っ込まれそうな主人公を、
この私が演じていました。
『私』は遠くからそんな私を見て、
そんな私はどこまででも堕ちればいいと思いました。
そうすれば『私』は傷つかずに済む。
『私』は自分を見失うことなく、
プライド高く生きていける。

…どこかで、そんな風に不安定な相手を支えている自分に
存在意義を感じていたのかもしれません。
今、相手を見捨てることは
そんな自分を否定し、見捨てることである
とも感じていたのかもしれません。

でも結局は、
自分で収集をつけることができなくなり、
他の人々、警察の方々のお力を借りることでしか解決できないまでに、
泥沼にはまってしまっていました。

この時のことを思い出すと、
その相手とのことだけでなく
いろいろなことが頭をよぎります。
家族のこと、友人のこと、夜、電話、声…。
全てが私のマイナス思考に働きかけ、
今でも、…これを書いている最中も
泣き出しそうで、崩壊しそうです。
息が苦しくて、心臓が痛いです。


そんな相手から、先日1年数ヶ月ぶりに連絡がありました。
それが、1月26日のことです。
その日が長かったもうひとつの理由。
私はただ怖くて…。
対応を全て、今一番頼りにしている人に託しました。
それでも、相手から私の携帯に電話がかかってくる。
内容は…ここで書くにはあまりにも馬鹿らしいことでした。
相手の番号は、私が知っていたものではありませんでした。
私は相手の番号を知らないのに、
相手は自分の番号を知っている。
そのことにも改めて、恐怖を感じました。

…油断していたのかもしれません。
その日訪れた突然の恐怖は、
『私』が忘れていた私の存在を
急浮上させるものでした。
……私が急浮上したのか
それとも『私』が急降下したのか、
どちらなのかはよくわかりません。
でも、確かにその2つの存在は近づいたのです。
…近づきすぎているのです。
今まで保たれていた境界線が……
崩れてしまいそうなのです。

当時のことを知る友人や親が
私に言います。
「相手のこと、憎くないの?怒ってないの?」

…「憎い」とは、どういう感情なのでしょうか?
私は今までそれを知らずにきたように思います。
よく知らない感情だから、それを感じているとはいえません。
でも、怒っていないことは確かです。
怒りよりは哀しみ、そして、呆れ・諦め。
自分の中を探すと、
そう言った感情に出くわします。
後は…圧倒的な恐怖…。
自分の身体への嫌悪。
自己投影。
誰かが相手のことを責めると、
自分が責められているような気持ちになる。
自分という存在の意義。
………そんなことを感じ、考えます。

ただ…、憎しみも怒りもありませんが、
「死んでほしい」とは思います。
私だって、嫌いな人や苦手な人はいます。
それでも、相手が自分の人生に関わって来なければ構わない。
でも、この相手に関しては、
本当に、心から、「死んでほしい」と思います。
「一生私の前に姿を現さない」なんて甘すぎる。
今すぐ死んでください。
この世から消えてください。
なんなら、


…私が、殺しましょうか?


そう、思うのはいけないことですか。
いけないことなんでしょうか。
誰か、私に答えをください。
そう思う以外に『私』が私から離れる答えを…。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-07 (Mon)
sibaribari



この記事、

しばらくtopに置いておきます...後何回できるかわからないお仕事の予定です。
2月9・10日と13:00?18:00で予定を入れました。
今回から、事前にメールで時間などの調整をできるよう、
曽根部長の許可をいただきました。

メアドは ai_wish_4u@hotmail.co.jp です。

『9・10日の13:00?18:00以外の時間帯は?!』
『むしろ9・10日以外の日は?!?!』
というお問い合わせは全部こちらのメールにお願いいたします。

…なんか営業記事で嫌ですね。
はふっ…。
それでもこの記事を書く理由…。

いずれそれも書くことになるかと思いますが、
私が藍である理由、
私がこのお仕事を始め、続けた理由。
このお仕事にはいろいろ複雑な想いがあるのです。
そのお仕事にに対するけじめとしても、
3月末までに一回でも多く予定を入れて行きたいと思っています。

4月以降のことは、
4月1日付けでお知らせします。
…入社式終わった後、私の体力が残っていれば(^^ゞ
それを、暖かく受け入れてもらえるよう、
その日まで日々努力です。

……がんばろぉ、っと♪
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-01 (Tue)
hiza



明日藍は渋谷にいます...





「性典の癖疫」を押し上げてください!!

『えいっ!!(><)』明日は、2ヶ月ぶりぐらいに事務所にいます。
16:00?19:30
短い時間ですが、
その間に藍に逢いにいらしてくださる方。
お待ちしています。

ちなみに。
藍がDUETでお仕事をさせていただくのは、
3月末までになります。
そして2月25日からは海外に旅立ち、
その帰国後(3月10日過ぎ以降)も
何かとばたばたしそうな気配なので、
きちんと予定を入れられるのは、
来週・再来週・3月帰国後の週に一回程度、
になると思います。

就職までの間に、
たくさんの方とお逢いできることを、
心より楽しみにしています。
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2005-02-01 (Tue)
phantom





NYにいたときに、

何度か観にいきました...





「性典の癖疫」を押し上げろ!!『えいっ(><)』

Point of No Returnの写真です。たぶん。
この子がすごくセクシーで、
声質はあまり好きではなかったのですが、
見ていてドキドキしてしまいました…((o(б_б;)o))
実はこのクリスティーヌ役の女優さん、
まだ18歳なんですよ…(・・;)
いやはや、本気でびっくりしました…。

topにも書いたのですが、
まだ小学生の頃に
何度か生ミュージカルを見てるのです。
しかし、実は内容全然理解していなくて、
今回映画で見て
「ほぉぉぉおぉぉ」
と改めて感心w

The Phantom of the Operaの中の
"the phantom of the opera is there, inside my mind"
をたぶん最初にみて以来、この14年間ぐらいずっと
"the phantom of the opera is dead, inside my mind"
だと思ってました…(ーー;)
自分の中にいるのと、
自分の中では死んじゃってるんじゃ
全くもって正反対ですよね…(^-^;
いやいや、この発見ができただけでも
この映画観にいった甲斐がありました☆ミ

もちろん、映画自体もとても楽しかったです。
久々に音楽に満たされた時間で、
私はとても幸せでした♪
| 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。